一戸建て生活には向かない性格というのは、簡単に言えば「人付き合いが煩わしい」と感じる性格の人です。

一戸建て生活には向かない性格
一戸建て生活には向かない性格

一戸建て生活には向かない性格というのは

一戸建て生活には向かない性格
一戸建て生活には向かない性格というのは、簡単に言えば「人付き合いが煩わしい」と感じる性格の人です。
私は5年程前から一戸建て住宅に住んでいますが、それまでに住んでいた単身者用の賃貸マンションとは比較にならないぐらいに、人付き合いが濃密になりました。

そうなった最大の理由といえば、やはり一戸建てに住んでいりと、住民自身が担わなければならない役目というのが大幅に増えるからです。
具体的な一例を挙げるとすれば、回覧板やゴミステーションのお掃除当番、それに近所の公園の月に一度の清掃などがあります。
こういう事は賃貸マンション暮らしをしている頃には、家賃とは別に共益費というのを支払っているので、管理人さんが我々住人に代わって全てやってくれていましたが、一戸建ての場合は全ての住人がその役割を分け隔てなく担わなければなりませんから、当然お互い顔を合わせる機会も多くなります。賃貸マンション暮らしの頃のように「隣に住んでいる人の顔を一度も見たことが無い」といった事は絶対に有り得ません。
逆に全く付き合いをしない家は周囲から変人扱いされてしまうので、非常に肩身の狭い思いをすることになります。だから、人付き合いが煩わしいと感じる傾向の強い若年世代の方々は、将来住むなら一戸建てよりもマンション暮らしを選びたいと答える方が多いようです。