一戸建ての家を選択するということは、ずっとそこに住み続けるという前提に立った上での決断だと思います。

一戸建て生活には向かない性格
一戸建て生活には向かない性格

一戸建ての家を選択するということは

一戸建て生活には向かない性格
一戸建ての家を選択するということは、ずっとそこに住み続けるという前提に立った上での決断だと思います。言ってみれば、腰を落ち着けて生活するということにほかなりません。
そうした観点から見ると、一戸建て生活に向かない性格とは、飽きっぽい人と言えるでしょう。よく引越しする人の言い分に、その街に飽きた、そこでの暮らしに飽きたという、飽きたというキーワードが出てきます。安定した生活を求めて一戸建てを買う人もいれば、安定してくるとまたどこかへ移りたくなる人もいます。飽きっぽい性格の人が一戸建てを買おうものなら、どこかへ移るとき大変です。
飽きっぽい性格の人は、賃貸マンションなどを借りて住むのが、引越しをするにも楽でしょう。
賃貸マンションでも腰を落ち着けて暮らしている人もいるとは思いますが、一戸建てには飽きっぽく、よその土地へ行きたくなる性格の人は絶対に向いていないと断言できると思います。こうした性格の持ち主は、住宅というものに、根本的に特別な感情を持っていないのではないかと思うのでした。

お役立ち情報