住処を一戸建てにするか、マンションにするかはとても難しい判断に迫られるところです。

一戸建て生活には向かない性格
一戸建て生活には向かない性格

住処を一戸建てにするか

一戸建て生活には向かない性格
住処を一戸建てにするか、マンションにするかはとても難しい判断に迫られるところです。
一戸建ての良いところ悪いところ、マンションの良いところ悪いところを総合的に比較、検討し、尚かつ自分達のライフスタイルに照らし合わせる必要があります。住み比べてみるまで解らないということもあるでしょう。
そこで逆説的に、一戸建て生活には向かない性格という観点から、一戸建てに焦点を当ててみました。
今の一戸建ては、二階建て三階建て、さらには四階建てが当たり前のご時世です。
土地が狭くてもスペースをより多く確保するには、やはりに上に占有スペースを求めるしかないのです。
つまり階段移動が主流になります。四階建てであってもすべての階層にトイレを設けるわけにはいきませんし、キッチンもバスも一カ所になります。何かをするにしても階段移動。ものぐさな性格には一戸建て生活は、少々きついかもしれません。
暑い夏であっても寒い冬であっても、階段移動はネックになります。家にいてまであまり動きたくない、という性格の人には、これはマイナスな部分です。
そして立場によっても変わりますが、主婦の場合は掃除に洗濯で家中を毎日動き回らなくてはいけません。その場合、足腰が弱いと移動が大変ですし、すべてを一日一度できっちり片付けたい性格の人には、一戸建ての特に四階建てともなると大変きついのではないでしょうか。
あと一般的に一戸建てとなると、やはり郊外に構える事が多くなるかと思います。職場や学校から遠くなる可能性が高くなります。そうなるとマイホームに帰る大変さで、少し気がめいる時もあるかもしれません。早く帰りたくなくても電車やバスがなくなるなんて事もあり、付き合いも悪くなります。

お役立ち情報