一戸建て生活には向かない性格があるとしたら、最初の1つ目はズボラで面倒くさがりな性格ではないかと思います。

一戸建て生活には向かない性格
一戸建て生活には向かない性格

一戸建て生活には向かない性格があるとしたら

一戸建て生活には向かない性格
一戸建て生活には向かない性格があるとしたら、最初の1つ目はズボラで面倒くさがりな性格ではないかと思います。
というのも、戸建ての住宅というのは集合住宅に比べて居住空間自体も広くて、隣との距離も若干あって快適でありますが、しかしながら建物全部が自分のものなので、自分で全部を管理しないとなりません。つまり、普段から広い室内の掃除をする量は集合住宅に比べて多くなります。また庭があればその部分の管理もしないとなりません。草が生えてきたら自分で除去もしないとならないのです。
そのためこまめな性格が要求されます。
2つめに向かない性格は、家の管理で神経質になりすぎる点です。
家は一度購入したらそれで終わりではありません。だんだんと老朽化して来るので、途中で何度ものメンテナンスが要ります。壁の塗り替え、床下のシロアリ対策、屋根の塗装、20年を過ぎたら排水管関係など数え上げたらキリがありません。そしてそのために莫大な金銭を必要とします。
そんなわけで、家の管理で細かすぎて、金銭面や修繕をしないとならないのかといった、心理的な神経質になりすぎるのは、戸建て生活では向かない性格であるかと言えます。